top of page

「幸せ」って何だろう?

どんな人も「幸せ」でありたい。


そして、周りの人にも「幸せ」でいて欲しい、と感じている。


でも、幸せって何だろう?








どうなったら「幸せ」とか、


何があったら「幸せ」とか、


条件の「幸せ」は探し求めてもずーっと満たされないまま。




人は、幸せを感じる一つに、


「自分の中でどれだけ変化したか?」


ということがあります。




例えば、AさんとBさんがいたとします。


二人ともチョコバーが大好きです。


Aさんはチョコバーを5こ持っています。


Bさんはチョコバーを100こ持っています。




Aさんはコツコツためてチョコバーが20こになりました。


Bさんは食べたり落としたりしてチョコバーが50こになりました。




さて、どちらが幸せを感じているでしょう?


チョコバーの量でいうとBさんです。


でも、Bさんはチョコバーが減ってしまったのに対して、


Aさんはチョコバーが増えています。




Aさんほうがきっと幸せを感じているのではないでしょうか?



つまり、幸せは他人と比べて得られるものではなく、自分の中の変化の量から生まれてくるということ。


他人がどうのこうのではなく、自分の中の成長の量をみて人は幸せと感じるんです。


大切なのは、自分の中にある




ヨガをするのに、


身体が硬いとか柔らかいとか、


難しいポーズをとれるとかとれないとか、


各々でいいんです。



大事なのは、「今の自分の身体がヨガを通してどれくらい変化したのか?」


幸せ=主観的相対変化量



そうすると、ヨガは自分自身と向き合うためのもの

と、理解しやすくなるのではないでしょうか?



Comentários


bottom of page