• 吉村さおり

春!!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

最終更新: 2019年5月28日

こんにちは。

ヨガインストラクターの吉村さおりです。


4月ももうすぐ終わり、いよいよ大型GWに入りますね!


今の時期。

春は、気温や気候はもちろんのこと、

進学や就職、引っ越しや転勤、

生活においても「変化の季節」ですよね。


我が家も、そうです。引っ越しして1か月半。


周りの環境が変化し、馴染もうとすることは、

自分で思っている以上に気力や体力を使います。


頑張りすぎて疲れてしまったり、色んなことを考えてしまったり、と。


そうなると、心も体もストレスを感じる。。。



気候も生活も変化していきます。


そんな生活が続けば、体温の調節を担っている自律神経は、

変化に対応しきれずに、疲れてしまい、うまく働かなくなってしまいます。



「自律神経」



自律神経が乱れてしまうと、

肩こり、めまい、頭痛、腰痛、胃腸の不調、動悸など

身体の様々な症状が出てきます。


基本的には自分の意志ではコントロールできない、自律神経。


でもでも、例外があるんですよ!


「呼吸」です。


深~く吸って、深~く息を吐く。


呼吸法は体の代謝も上げてくれます♪


自律神経にも作用し、乱れがちな自律神経を正常に整えてくれるんです♪


吸う=交感神経(やるぜ!頑張るぞ!の回路)

吐く=副交感神経(リラックスの回路)



ヨガはまさに心身ともにリラックスする効果の高いもの。


自律神経が乱れている場合は、朝に不調が出やすいい傾向にあります。


そのような場合には、朝のヨガ♪おすすめです。


一日の始まりを、ぜひヨガで。






0回の閲覧

​© 2019 by Yoga Briller